ほんのり甘い青りんご


以上です。


スポンサーサイト

つまらないかもしれないけど最後だけでも読んでくれたら嬉しいです。



2015年5月15日

実験を終え、疲れてはいたがサークルの部室へ顔を出しに行った時のことだ。部室へ行くと先輩が話しかけてくれた。とても嬉しい。

先輩「さっきイベント終わっちゃったじゃん。あと少しのところで真姫ちゃん取れなかったよ~」

俺「始めたばっかりだと取るの難しいですよね~………あれ?イベント終わったってことは…」


ダウンロードを開始します


そろそろだろうと予想はしていた。あの悔しさを晴らすチャンスの来る時が。


ダウンロードが完了しました






俺「ンアアアアアアアアアアきゃわうぃいよおおおおおおおお」

鼻息を荒らげる俺。

とりあえず手元にはラブカストーンが79個。

俺「引かなきゃ!!」

先輩「おお!使命感!」

俺「穂乃果が俺に引かれるのを待ってる!!俺はそんな穂乃果の魅力に惹かれたんだ!!」

……………………

俺「初心者が引くとUR出るらしいんで先輩俺ので引いてみません?」

先輩「よぉ~し引いちゃうぞぉ~~」

…………………………………



……………………



………





俺「持ってない穂乃果だぁ⤴⤴⤴⤴⤴⤴」



俺「いやいやいやいやSRで俺が満足できるはずがないだろ!!俺を満足させてくれよ!!!」

どうでもいいけど「まんぞく」って打つと「サティスファクション」って予測変換出てくるの笑うからやめない?

残りのラブカストーンは29個。11連をするには足りない。補助チケットの数を確認してみるが4枚。ギリギリ足りない。

俺「今回も………ダメなのかよ…」

徐ろに財布の中身を確認する。

諭吉「よお」

俺「なあ諭吉、俺にチカラを貸してくれよ」

諭吉「へっ、今回だけは助けてやるよ、これで貸し1な!」


部室をあとにする俺。




ふ~ん。




せやな。


俺「諭吉のチカラを感じる。とても温かい、俺を包み込んでくれるような………」


回そう。



………………………


……………



……






諸行無常。


俺「諭吉………俺に…チカラを……貸してくれよおおおおおおお!!!!!」




…………………………



………………



………






おおおおおおお?!!?!??!?!(スクショ下手くそwww)





URだあああああああああああああよっしゃあああああああああああああああのぞみいいいいいいいいいいいいこの髪型大好きだあああああああ!!!!!!!!


ふぅ…。



ま、欲しかったの穂乃果なんですけどね。

俺「UR引けたし、これで満足するしかないか…」

天の声「満足を舐めるなあああああああ」

俺「!??」

そうだ、忘れていた。俺は穂乃果のURを引くために諭吉にチカラを借りたんだ。希のURは嬉しいが狙いはそこじゃない。まださっき手に入れた補助チケットがあるじゃないか!


アクセルシンクロオオオオオオオオオオ!!!!


















…………………………………………マ?(スクショ下手くそwwwwwwww)


本人曰く本気でコラ画像または見間違いなのではないかと疑ったらしい。






………………………

………しゃおらあああああああああああああああ!!!!!!!!!

あれ、なんか涙出てきた。まさかソシャゲやって泣くとは思わなかった。やべえ、ちょー嬉しい(ボキャ貧)。

俺「穂乃果、俺は君のその笑顔が見たくて今まで過ごしてきた。もう二度とそんな太陽のような笑顔を消させやしない。(It's an IKEMEN voice)」

穂乃果「ふふっ、カッコつけたつもり?でもありがとう!これからはずっと一緒だからね♡」

うぇへへへへへ

(画像の大きさがアレだけど許して♡)

穂乃果に会いたい男の物語 第1章 完結



2014年12月15日17時30分、軽くランニング程度に走っていた真姫イベを8000ptくらいオーバーキルし、無事に2枚取ることができたことに安堵するも、追加されたUR穂乃果を引き当てるという使命を果たすべく特待生勧誘へと向かった。


まずは握りしめていた勧誘チケット14枚を使い果たすも出たのはSR2枚(ハロウィンの真姫とヒーロー登場っていうこの前のイベントの海未)。確率的には妥当なので11連に頭を切り替える。


本番はここからと意気込んだ11連勧誘。引いたのはSR1枚(豊穣の女神っていうこの前のイベントの花陽)。
「今回も引き当てることはできないのか…」
と頭を抱える。


しかし本当の本番は残された10枚の
補助チケット。補助チケットとは5枚使うことでストーンエッジやハイドロポンプを避ける確率でURを引くことのできる切り札である。


まずは補助チケット1回目。惜しくもSR(チャイナドレスの絵里)に終わってしまう。ここで俺はあることを思い出してしまう。この記事である。
「あの日みたいに穂乃果を引けないままで終わってたまるか!」
俺は叫んだ。ちなみにこの時はけいおん!のふわふわ時間を歌ってた。


そして最後の5枚の補助チケットを投げつけた。するとそこには以前にも1度だけ見たことがある赤く彩られた一際目立つ封筒が…きっとこれは穂乃果に違いない。俺の第六感(シックスセンス)がそう告げていた。封筒から出てきたのは……



























またお前か。今度はスマイルか。なんかにこに取り憑かれてる感あるよね。にこ全色集めると穂乃果と交換できるキャンペーンとかないですかね。あ、課金はしないから。2年生勧誘で引いてやるから待ってろよな!!


あと最近自己紹介変えました。



入り切りませんでした。


お・わ・り
ポケモンを触れる僅かな時間を利用して1匹のポケモンを育てました。





ジャングルの主です。
ゴリラ@拘りスカーフ
特性:力尽く
性格:意地っ張り
実数値:180-211-75-*-76-147
努力値:0-252-0-0-4-252
フレアドライブ、とんぼ返り、馬鹿力、岩雪崩
H:ゴツメダメ最大の6n。ステロ、呪いなどのダメージ最大の4n。
いや、その、Hの種族値110だと思ってたんですよ。
よく見たら105じゃないですか。
レートで選出して初めて気付きましたよ。
しかもやたらゴツメ持ちと当たるし。
ゴツメクレセリアに2回フレドラしたらゴリラ死んだんですよ。
ゴツメナットレイをフレドラで倒したら裏の鉢巻ハッサムのバレットパンチでゴリラ死んだんですよ。
陽気ガブの鉢巻地震耐えニンフィアをフレドラで確定1発と聞いて眼鏡ニンフィアのハイボに後出ししてフレドラしたらゴリラ死んだんですよ。
なんなんだこのポケモンは。。


関係ないけど今季のアニメでは異能バトルは日常系のなかでの姫木千冬ちゃんが好きです



あ^〜小学生かわええんじゃ^〜 #ロリコンじゃないです

クソ記事です。


スクフェスの自己紹介を振り返ることで自己分析をしていこうという目的の記事です。そしてスクフェスの自己紹介の文字数制限100文字との戦いを記したものです。


では早速画像と共に振り返っていきましょう。



穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん穂乃果ちゃん

はいキチガイです。
これは12月頃からの自己紹介で、初めてスクフェスに課金してお目当ての穂乃果のSRが出なかったことから、穂乃果を求める気持ちの増幅によるものと思われます。
この自己紹介で6ヶ月ほど過ごしていたようです。




俺は穂乃果に蹴られ隊

ʅ( ◔౪◔)ʃ
これは5月の始め頃の自己紹介で、穂乃果のイベントがなかなかやってこないことへの苛立ちからこのような謎の欲求をするようになったと思われます。
しかしその後すぐに穂乃果のイベントがあり、この自己紹介は数日で変わったようです。




ほのか「ちゅっ♡」
僕「え………!?」
ほのか「えへへ…初めてはほのかが貰っちゃった///」
僕「まったく、ほのかは悪い子だな(ちゅっ♡)」

?・。・?
これは6月の頭頃の自己紹介で、妄想癖のある僕は妄想したものをそのまま自己紹介にしてしまおうと思い立った最初のものであります。
きっと穂乃果とちゅーしたかったのでしょう。
ここから度々自己紹介が変わっていき、100文字では足りなくなっていきます。




ほのか「今日は星がきれいだね〜」
僕「……」
ほのか「ちょっと、聞いてる?」
僕「あ、ごめん、ほのかに見惚れちゃって」
ほのか「……///」
僕「似合ってるよ、その浴衣(イケボ)」
ほのか「ありがとう♡」

・。・;
これは6月の終わり頃の自己紹介で、穂乃果の浴衣姿って可愛いよなぁ〜ということを考えていた時のものと思われます。90文字を超えるギリギリの文章です。この辺りから文字数制限100文字との戦いが始まります。




穂乃果「短冊には何をお願いしたの?」
僕「穂乃果とずっと一緒にいられますようにって(まあまあイケボ)」
穂乃果「えへへ、じゃあ穂乃果と同じお願いだね!」
僕「穂乃果…好きだよ♡」
穂乃果「私も♡」

( ◠‿◠ )
これは七夕の時の自己紹介で、スクフェスのストーリーが七夕の話だったことから膨らんだ妄想だと思われます。これも90文字を超えてます。正直まあまあイケボってなんなのかよく分かりません。




ほのか「雨なんで止まないの」
僕「梅雨だから仕方ないよ」
ほのか「むぅ〜」
僕「その代わり僕がほのかの心の雨雲を晴らしてあげるよ(超イケボ)」
ほのか「……ほぇ?」
凛「にゃ?」
真姫「ナニソレ、イミワカンナイ」

(^◇^)
これは七夕終了から現在にかけての自己紹介で、雨でテンションが下がっている時に、妄想すれば心も晴れるのではという考えでした妄想と思われます。今回は凛ちゃんと真姫ちゃんも友情出演しています。なんと100文字ピッタリです(数え間違いじゃなければ)。


〜自己紹介を振り返って分かったこと〜
・僕キモい
・頭の中お花畑
・穂乃果可愛い
・自己紹介は100文字じゃ足りない
・僕キモい


以上クソ記事でした。最後まで読んでくれてありがとうございます。